【施工事例】防水工事 足立区関原

安心は日頃のメンテナンスから。

漏水をしているご自宅より防水工事の依頼が入りました。点検をしてみると、屋上の笠木部分に大きく隙間が空いていたので、今回は防水性を高めるシーリングを行っています。

■概要

場所:足立区関原

内容:笠木・窓枠部のシーリング

窓枠はイメージがつくと思いますが、笠木はわからない方も多いと思います。

ベランダの壁や陸屋根の屋根が立ち上がっている立ち上がった部分の最上部に覆うように取り付けるアルミやプラスチック、木造性のものです。

雨水等から躯体を守ってくれるので必要不可欠なものですね。

笠木部分からの漏水の場合、台風等強風により雨が下から吹き込みを見せる時に見られることがあります。

今回の場合、笠木と外壁部分の隙間が通常より大きく開いていたこと、笠木のつなぎ目にシーリングがされていないことが原因と考え工事を行いました。仮に雨水が笠木の内部に侵入するとどうなるのでしょうか。それは長時間の強い雨が降ると、笠木の内部に雨水が侵入し、溜まり、躯体を腐食させていきます。

早期発見。早期対応が家を育む。

漏水への対処は一つひとつの原因を突き止めて行っていきます。水を流して漏水箇所を確認、そしてベストな施工方法を考え、お客様と話し合い施工していきます。

一箇所の原因で止まればよいのですが、数カ所の原因が複合している場合も。とても小さい隙間からでも雨水が侵入し、漏水するケースも少なくありません。

普段の健康管理も予防が大事で同様に住宅管理も予防が大切。軽い症状のうちに手当することで大病をせず、建物も元気になります。

ご自身で家の外壁をみて、「おやっ?」っと思ったら、まずはネット等で調べてみてください。対処法がいろいろと出てくると思います。病気は早期発見、早期対応が一番です。